本文へジャンプします

プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®実務能力評価研究所では、実施したプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®実務能力評価コンピテンシーテストの結果に基づき、レベル別の評価認定を行っています。

レベル評価認定証
実務能力レベル コンピテンシーテスト結果
(総得点、各項目点、
両方基準点をクリアのこと)
実務能力
総得点 各項目点
最高レベル 900以上 110以上 プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®として活躍できる。
さらに研鑽を積むことによって、スーパーバイザーへの途が拓ける。
第一線
実務家レベル
800〜899 100以上 実践を通して、不足分を補うことにてプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®として活躍できる。
不足分を学習することも重要なことである。
実務家レベル 700〜799 90以上 不足分を学習し、実践を積むことによってプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®として活躍できる。
研修レベル上級 600〜699 80以上 まずは不足分を学習し、次に先輩のプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®について実践を積むことによってプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®として途が拓ける。
研修レベル中級 500〜599 70以上 実践より前に、不足分を学習することによってプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®として途が拓ける。今一歩の努力である。
研修レベル小級 400〜499 60以上 実践より前に、不足分を学習することによってプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®として途が拓ける。
相当の努力が必要である。
入門者レベル 399以下 59以上 自己流でキャリア・コンサルティングを行っている方、プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®を名乗る資格なし。基礎からの学習が必要である。