本文へジャンプします

 プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®の実務能力判定基準は、多くの優れたキャリア・コンサルトが日常いかにクライエントに対しているかを検証することにより決定されるものです。優れたキャリア ・コンサルタントの行動特性をコンピテンシーモデルとし、多くのキャリア ・コンサルタントがそれに近づくように努力することに実務能力判定基準を作成する意味があります。

 プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®実務能力評価研究所は、多くの優れたプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®を養成しているNPO/特定非営利活動法人 日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会の協力を仰ぎ、高業績を上げている現場の「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®」に対し一年にわたりインタビューを行いました。あわせて、それまで企業、学校にて自己流でコンサルティングを行っており、この度、NPO/特定非営利活動法人 日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会の養成講座を受講している方々にもインタビューを行い、高業績を上げているプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®の行動特性と養成講座受講生の行動特性を比較検討し、優秀なプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®の行動特性を取りまとめることにより、プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®の実務能力の評価基準を定めました。

 この基準はまさに、優れた先駆者の行動特性から生れたものであり、多くのプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®の手本となるものあります。

 企業における人材活用戦略、大学、短大、専門学校等の教育機関における就職支援活動戦略はますます重要性を増しています。そのために、個々の人材のキャリア形成を推進し、的確な人材活用や就職支援戦略を提案できるスキルが、今大きく求められているのです。NPO/特定非営利活動法人 日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会の「プロ フェッショナル・キャリア・カウンセラー®」養成講座では、この激動の時代の中で、新たな自己発見や活路を見出して“成功する”ために、私たちは高いスキルを持つプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®を育成します。との考え方にて、プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®を養成しております。就職支援の現場においてそく戦力をつけて、実践的なプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®を輩出している機関であることが、今回のプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®実務能力基準の作成に当たり、同協会の卒業生の「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®」をインタビューし、基準を定めた理由です。