本文へジャンプします

 プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®実務能力評価研究所は、2005年に設立されました。プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®実務能力を評価するコンピテンシーの全領域にわたる研究をしています。現在、プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®実務能力評価の研究・教育・実践の専門家30名以上を会員としています。
 運営母体である、株式会社キャリア・ブレーンが、テストや出版物の販売をおこなっております。

プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®実務能力評価研究所(AECC)所長からのメッセージ

 私は1960年から現在まで、40年以上経営コンサルティングの世界で活動しております。その中で、営業企画、企業診断、改善調査、人事教育、人材開発、組織変革、経営戦略策定、地域開発・産業創出指導など、常に経済社会の大小さまざまの動きによって生み出されるニーズに対応し、情熱を傾けてきました。

 キャリア ・カウンセラー/コンサルタントとしての活動も、やはりそのような社会経済環境のニーズによってスタートしたものです。
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®として、経済のグローバル化と雇用の流動化の中で、厳しい戦いをせざるを得ない求職者の皆さんに、企業経営者の視点を加味した戦略を伝授しています。
モットーは「常に全力投球」。
このプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®実務能力評価研究所でも、それはまったく変わりません。

 これまで「現場第一主義」で培ってきたわれわれプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®のノウハウをもとに、キャリア支援にかかわる専門家の実力測定にご活用いただけるテストや、人材ビジネスの現場でそく役立てていただけるツールの開発などに日々取り組んでいます。すでにいくつかは開発を終えて実用段階に入っています。これからも新しいものを続々発表する予定です。

キャリア支援のベテランたちが、現場の経験をもとに開発した、実践力の高いこれらのツールが、人材ビジネス分野で活躍なさる皆さまの力になればと願ってやみません。

プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®実務能力評価研究所 (AECC)所長 米沢満穂