本文へジャンプします

「コーチ・コンピテンシー診断テスト」は、「パーソンとしての基礎コンピテンシー」と「コーチ業務関連コンピテンシー」を同時に診断するテストとして、「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®実務能力評価研究所」が、自分の「コーチとしてのコンピテンシー」の把握を希望する全ての人のために、開発したものです。
ご自身の「コーチとしてのコンピテンシー」の把握をして、伸ばすところは伸ばし、不足しているところは強化することにより、コーチング能力を高める工夫をしてください。

双方向のコミュニケーションが求められる時代の必需品:
コーチとして適性があるかどうかということは、コーチング能力があるかどうかということです。コーチング能力とは、相手のことを尊重し、相手の行為を認めることによって、相手の成長を可能にすることの出来る能力のことです。膨大な情報がハイスピードで飛び交う現代、一方的な一方向からのコミュニケーションでは、勝ち抜くことが出来ません。双方向のコミュニケーションが行われて、初めて激動の時代に勝ち抜くことが出来るのです。コーチング能力とは、お互いが相手のことを尊重しあい認め合うことによって、初めてその効果が発揮される双方向のコミュニケーションの場において、必要不可欠とされるスキルです。
学生の就職活動の必需品:
企業が新入社員のときから即戦力を求める時代となり、コミュニケーション能力を高めようとする人が、これから社会に出ようとしている人の中で、急増しています。企業に入ってからコミュニケーション能力を高めるのでは遅すぎるのです。さらに進んで、コーチの資格を学生時代に取得し、希望に満ちて社会人としての第一歩を踏み出してる人もいます。「先んずれば人を制す」です。就職戦線に勝ち残るためにも、コーチ・コンピテンシーを診断し、コーチとしての適性を把握されることをお勧めします。
転職検討の際の必需品:
一つの会社に新入社員から定年退職まで勤め上げるという時代は、終わりました。生涯で2〜3回の転職は当たり前の時代です。人のお世話をすることのお好きな方は、コーチとしての自分の職業適性を理解することによって、さらなるステップアップを目指して転職をお考えになることをお勧めします。
コーチ資格の取得をお考えの方の必需品:
コーチの資格を取得し、さらならレベルアップを目指そうとされている方は、まずご自身のコーチとしての適性を把握されることをお勧めします。