本文へジャンプします

コーチになろうという方が急増しています。やみくもにコーチの資格を保有したとしても、コーチとしての結果が出ないものです。また、たとえ就職・転職は出来たとしても定着が困難なものです。誰でもコーチにはなれますが、自らのコーチ・コンピテンシーを認識し、強みをより強く、弱みを克服することによって、はじめて、真のコーチになることができます。
コンピテンシーテストを受検し、あなたの強み、弱みを認識し、キャリアアップを図りましょう!!

●コンピテンシー診断テストの診断内容:
コーチ・コンピテンシーについて、40の設問に答えることによって「パーソンとしての基礎コンピテンシー」8項目の診断、「コーチ業務関連コンピテンシー」8項目の診断が同時に可能となっており、短時間で適切な診断結果が得られます。
●対象者:
これからコーチを目指す人、既にコーチの資格をもたれている方、全てが設問に真摯に回答していくことにより、判定するテストです。
●診断の目的:
個々人のコーチとしてのコンピテンシーを診断し、 伸ばすところは伸ばし、不足しているところは強化することができる、能力判定テストです。
●パーソンとしての基礎コンピテンシー結果:
コンピテンシー診断:8項目すなわち、ストレス耐性、行動志向、自己革新、目標達成への執着、協調性、政治力、専門知識・技術の習得、安定運用
●コーチ業務関連コンピテンシー結果:
コンピテンシー診断:8項目すなわち日常業務、ラポール構成力、人間性、対人管理、指導育成、問題処理、クライアント開拓、組織マネジメント力